New PC for 4K

IMG_2077

4K動画の編集に耐えられるPCを自作。
2年前に買ったPCと入れ替える。
久しぶりに組んだので、パーツ選びに迷う。
上を見ればキリがないのが、この世界。
そこそこの価格で、そこそこの処理ができるようなスペックを選ぶ。
4Kの処理はかなり重く、どんなに高性能のマシンでもサクサクとは行かない。
大切なのは、止まらない(固まらない)ということ。
オーサリング、レンダリング、編集時、ある程度の速度で動けば良い。
どんなに遅くとも、止まらなければ処理は必ず終わる。
さてどうだろう?
パーツ全てドスパラから購入、しめて11万円弱。
100万もするプロ用機材とは比べ物にならないが、なんとかなりそうな気がする。
メモリーは16GBを積んだが、まだスロットルは余っているので、更に16GB積んで32GBにすることもできる。
昨年からの円安でメモリー価格が高騰、これは様子を見ながら増設してみよう。
ハードディスクは自宅にあった3TBを2台組み入れた。

CPU
INTEL Core i7-4770 BOX(1150/3.40GHz/8M/C4/T8)

マザーボード
ASRock B85M Pro4 (B85 1150 mATX DR3)

メモリ
Team TED316G1600C11DC(DDR3 PC3-12800 8GBx2)

SSD
ADT ASP600S3-256GM-C (2.5”SATAⅢ 256GB MLC 7mm)

ドライブ(内蔵)
LITEON IHAS324-17 BOX (SATA 24X ソフト付 黒)

グラフィックカード
Palit NE5X75001341-1073F(GTX750 2G GDR5)

電源
SilverStone SST-ST50F-ES

PCケース
INWIN IW-EM002/WOPS(mATX/電源なし/ブラック&シルバー)

ソフトウェア
MS Windows 8.1 Update 64bit (DSP) WN7-00612