Motion Time Lapse Test R134 & Yokohama Motomachi

モーションタイムラプスのテストの続き。
まずは車載カメラでタイムラプス。
Fat Geckoなる怪しい名前の吸盤式カメラマウントを使いフロントガラスにカメラをセット。
景色を捉えるのが目的なので広角レンズを使う。
ここのところ、広角レンズばかり使っているような気がする。
反省点はエアコンの吹き出し口が写り込んでしまった事。
次回は少しアングルを上向きにした方が良さそう。
お次は、横浜元町のチャーミングセールへ家内が行くと言うので、運転手として同行させてもらう。
いやはや女性のショッピングに対するエネルギーは凄まじく圧倒される。
試したかった歩きながらのタイムラプス(ハイパーラプス)を試す。
通行人から「何やってんだ?」風に怪しく見られるが、こちらは手持ち撮影のアングルを安定させるのに必死で、愛想笑いも出来ない。
ただ後から映像を見るにブレが大きく、もっと練習が必要と分かった。
3軸ブラシレスジンバルでハイパーラプスすれば、もっと安定した絵ができそうな気がする。
方角を決めたら、フォローモードはすべて切って真っ直ぐに一歩ずつその方向に歩く。
今回は歩いて・止まって・シャッターのリズムでインターバルを3秒としたが、練習すれば2秒インターバルでも行けるかも知れない。
そうすれば、もっと多くの事象を捉えられスムーズな映像になるかも・・・
もう少しテストを続けてみよう。

Motion Time Lapse Test
Go to Unidy Hiratsuka From My Home
R134
View From My Car
Motion Time Lapse Test
Yokohama Motomachi Charming Sale
Thank You For Watching
Camera & Edit TIDEshigeru

Higlasi Slider

自作電動スライダーのテストが終わり、Higlasi-2Cを使った本格的なスライダー製作に入ろうと考えていた。
そんな矢先、如意設計工房の浅野さんのページ「徒然なその日暮らし」を覗くとなんとスライダーのパースが載っていた。
氏にはHiglasi-2Cの購入時より電動スライダーの駆動源としてのHiglasi-2Cの可能性をお伝えしており、それに対する答えを出して頂いたようだ。
世の中には既成の電動カメラスライダーが存在するが、どれも高価でアマチュアには手が届かない。
安価なKONOVAあたりのメーカー製でもスライダーと電動キット合わせると10万円くらいする。
タイムラプス用にムーブ・ツウ・ムーブのモードを備えているなど一見パフォーマンスは高いが、パーツが多くセットアップが煩雑な気がする。
星景撮影時の暗闇の中では、その煩雑さから設置して動かすまでに時間が掛かりそうだし、多機能なコントローラーの置き場所にも困る。
その点、「Higlasi Slider」はシンプルだ。
そして、その多機能さ、ポータブル赤道儀、タイムラプス回転台(パンチルト正逆)、電動カメラスライダー、電動ドリー(車輪つけたら動くんじゃないかと勝手に思っているところ)、1台でこれだけのものに対応する機材は他にない。
とにかく、氏の動向から目が離せない。
楽しみに待ちたいと思う。
Higlasi Slider
slider

ND400

フィルター増殖中。
日中のタイムラプスや動画撮影では必須なフィルター。
このフィルター使って、明るいレンズをわざわざ暗くしなければならない状況はなんとも悩ましいが、必要に迫られる。
タイムラプスで言えば、日中は光が強すぎて、目一杯、絞っても、思うようにシャッタースピードを遅くできない。
よって、仕方なく早いシャッターを切るが、当然、動きのあるものもシャープに写ってしまい、最終的に動画にした時にカクカクした動きになってしまう。
それがタイムラプスの作風だと言えばそれまでだが、滑らかさに拘れば必ず減光の必要性が出てくる。
また、動画で言えば、一眼動画の魅力はボケなわけで、絞ってしまってはボケは得られない。
日中、ボケの効いた動画を撮りたければ必ず必要なわけで、動画の場合はよりシャッタースピードと滑らかさの関係は重要になってくる。
こちらの場合、撮影状況がコロコロと変わる為、出来ればバリアブルNDが好ましい。
流れるような滝の動きを出したり、街から人影を消したりとスローシャッターの可能性は感じつつも、とりあえず、目下の問題点の修正に使いたい。
カメラ用サングラスのような性質のものなので、色目が多少変わるは致し方ない。

ND400
DSC08533-001

Tokyo Japan. Walking A Time lapse. – Original Special Equipment –

Motion Time Lapseを突き詰めていくとHyper Lapseになる。
徐々に海外のプロ映像クリエーター達が素晴らしい作品を発表し始めていて話題になって来ている分野だ。
只、日本ではまだその特殊な撮影方法を理解し、実践している人は少ない。
そんな中、一人の日本人アーティストの作品を偶然見つけた。
モーションに対しても独自の解釈があるらしく、ドリーを自作し撮影している。
ご丁寧にメイキングまで公開頂き、自作派の私としては、とても参考になる。
とにかく、素晴らしいのはウォーキング・タイムラプスという手法で東京の景色を切り取っているところ。
三脚や一脚、スタビライザーなどを使わず、手持ち撮影した画像からクオリティの高い作品へと仕上げている。
とても根気のいる撮影手法だが、サラリとこなしているのは凄い。
機材に拘りすぎて機動力を失ったタイムラプス撮影家が多い中で彼のアイデアとセンスは光る。
とても大きなヒントをもらった気がした。

Tokyo Japan. Walking A Time lapse. – Original Special Equipment –

Camalapse 4 & DIY Motorized Camera Slider Motion Time Lapse Test Bayside Marina February 15th, 2015

早速、自作の電動カメラスライダーのテストをしてみる。
移動速度は丁度良いのか?
ブレはないのか?
カメラの設定と合っているか?
使い勝手はどうなのか?
などなど、修正点を探す為のテストをしてみる。
ついでに先日買ったCamalapse 4も試す。
Camalapse 4とはキッチンタイマーを使った回転台でパンさせながらタイムラプス撮影する機材。
ゼンマイ仕掛けで60分で1回転するシンプルさ、小形軽量なので手軽に使える。
以前、イケアで買ったキッチンタイマーで同様の回転台を自作した事があるが、その時はGoProを載せてタイムラプスした。
このCamalapse 4はそれより少しパワーがあり、コンデジや小さなミラーレス位までなら回すことができるらしい。
徐々にモーションタイムラプス用の機材が揃ってきた。

Camalapse 4 & DIY Motorized Camera Slider
Motion Time Lapse Test
Yokohama Bayside Marina
February 15th, 2015
Thank You For Watching
Camera & Edit TIDEshigeru

DIY Motorized Camera Slider 1st Model February 15th, 2015

寒さ厳しき折、家に引きこもり工作に励む。
以前、自作したカメラスライダーを電動化してみる。
これからはタイムラプスもモーションの時代、移り行く景色を、カメラも同時に動かしながら記録しなければ面白くない。
固定で撮影し、単純なパン、チルト、ズームイン、ズームアウトはソフトウェア上で後処理が可能だが、スライドだけはどうしても再現できない。
動画クリエーターによるカメラスライダーの必要性は益々高まって来ているが、既製品はどれも高額で、電動ともなるとまるで手が出ない。
そんな中、マニアはスライダーを自作し、それを使い撮影し、素晴らしい作品をネット上に公開している。
そんな彼らの様々なタイプの自作電動スライダーをチェックさせて頂く。
中には製品化できそうな力作も多いが、大きくて重そうなものが多い。
ヒントのみ頂戴し、自分なりの解釈で制作に取り掛かる事とした。
目指すは「軽量コンパクトで機動力があり、リアルモーションもタイムラプスも両方対応出来るような電動カメラスライダー」とかなり欲張り。
動力源はタミヤ遊星ギアを採用、電源は単三電池2本、トルクもあり、安定している。
ギア比は1/100で40cmを約10分で移動、日中のタイムラプス撮影には丁度良いスピードに設定。
駆動はシャフトドライブ方式で、不安定な小型モーターから出来るだけ安定した力を取り出せるようにした。
ドライブシャフトにはプーリーと輪ゴムでエネルギーを伝える。
両端にはリミットスイッチを付けオートストップ、無人運転時の安全性も確保する。
ドライブシャフトのナットを解除すれば、手動によるリアルモーションにも対応し、元に戻すのもワンタッチとした。
方向の変更は電源の極性をスイッチで入れ替えて行う。
単三電池の1本をダミー電池に入れ替え減圧すれば、モーターの回転数が落ち、移動時間も遅くなり、夜景などのタイムラプスにも対応する。
遊星ギアのパワーはかなりのもので、斜めや垂直方向も、同じリズムで上まで登って行く。
コントローラーなどはなく、正転、逆転のみの単純なシステム。
難は少し音がうるさい事か。
このスライダーを使いモーションタイムラプスに挑戦しようと思う。

DIY Motorized Camera Slider 1st Model February 15th, 2015

Thank You For Watching
Camera & Edit TIDEshigeru