4K Work Flow Again

昨日の「Spring Swell @ Shirakaba」は4Kで撮ってみた。
去年の夏頃からPanasonic DMC-GH4でこの撮り方を試している。
以前はムービーとスチル両方の素材を得るために2台のカメラを同時に使っていたが、その必要も無くなった。
とりあえず4Kムービーさえ撮っておけば、スチルはその中のコマからベストショットを抜き出すだけで良いからだ。
厳密に言えば、それが写真かと問われれば返答に困るが、便利な世の中になったことを実感する。
スチルで撮影した画像と比較すると、若干解像力は落ちるが、ウェブ上で情報を発信するだけなら必要十分に思う。
後は両方の素材をどういう風にミックスさせて作品に仕上げるのかの方にエネルギーを使った方が建設的だ。
一般的にサーフィンなどのスチル動体撮影は難しいとされている。
増してミラーレスカメラでベストショットを押さえるのはかなり難しい。
だが、この方法なら、誰でもある程度のクオリティの画像を撮影する事が出来る。
なんてったって秒間30コマで連写し続けているのと同じなのだからね。
こういう形で撮影の幅が広がるのは誰にとっても良い事だと思う。
これからは、大きくて重たい機材はプロに任せて、お手軽に撮影して行きましょう。

4K Work Flow Again
P1660012

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です