PILOTFLY H1 2nd Test Flight @Enoshima May 31st, 2015

午前中に設定を済ませ、午後からテスト撮影に出る。
家内とウォーキングを兼ね、江ノ島灯台を目指す。
片手にPILOTFLY H1を持ってダラダラと流し撮り、テストなので余り細かい事考えずに撮影してみる。
いつもは止まっては撮り、撮っては止まりの連続なので、同伴者も少し待ちくたびれてしまうことがあったが、歩いて話しながらその場の空気感を撮れるので待たせることもない。
こういう人の多い場所で、大きな機材で撮影していると、撮っている方も撮られている方も意識してしまうものだが、小型の機材は、そういう意味でも自然にその場に溶け込める。
そんな小型&軽量ジンバルPILOTFLY H1だからこそ、捉えられる映像があることを再認識した。
今回は極端なステディ歩きはせず、普通に歩いてみた。
前回より少し慣れてきた感じがする。

PILOTFLY H1 2nd Test Flight
May 31st, 2015
Enoshima
Fujisawa Kanagawa Japan
Camera : Panasonic DMC-LX100
Music : Matti_Paalanen_-_Happy.mp3
Thank you for watching
Camera & Edit TIDEshigeru

PILOTFLY H1 Profile Test @Ochiai-ke May 31st, 2015

PILOTFLY H1の設定を少しいじる。
基本、メーカーから発表されているDMC-LX100用のPIDの値を打ち込む。
設定していくと8bit特有のロール軸が傾く現象が発生した。
キャリブレーションをやり直しても、また同じ現象が発生する。
Ken Asano氏が32bit版のソフトクリーム型3軸ブレシレスジンバルを自主開発した理由もこの辺にあるのだろう。
やはり8bitに完璧を求めてはいけない。
ある程度、設定を追い込んだら、その後ジンバルの癖を理解し付き合って行くような、そんな感じが良いのかも知れない。
幸いPILOTFLY H1にはピッチコントロールのレバーが付いているのでモード4にピッチとロールの入れ替えを割り当ててあげれば、多少のロール軸の傾きは微調整できる。
小手先のごまかしではあるが、現場で狂いが出た時には修正が効くので応急的には助かる。
設定をしていくと色々と問題も出てくるがカメラLX100とジンバル両方合わせても1,380gという軽さは何物にも変え難いアドバンテージと思う。
そんなハンドリングの良さが、撮影自体を楽しくしてくれる。
この設定で、またテスト撮影してみよう。

PILOTFLY H1 Profile Test
@Ochiai-ke Shonan Kanagawa Japan
May 31st, 2015
Profile 1 (Mode 1) Follow Yaw & Pitch
Profile 2 (Mode 2) Follow Yaw Only
Profile 3 (Mode 3) Lock Yaw & Pitch
Mode 4 Swap Control Pitch & Roll
Thank you for watching
Camera & Edit TIDEshigeru

Smallest Tripod For Pilotfly H1 May 30th, 2015

デフォルトの設定でとりあえずテストしたPilotfly H1。
今後の撮影に備えて、少し設定をカスタマイズしてみたい。
その前に足元を固めなくてはいけないので、ミニ三脚を色々物色してみたが、どうもこれというものがない。
要は本体が安定して立って、テーブルの上でコンパクトに取回せるものが良い。
悩んだ挙句、Joby Micro800をチョイス。
大きさ的には、もっとも小さな部類に入るし、コンパクトに折りたためるので、撮影中でも付けたままで良いかも知れない。
只、重量オーバーな上、ある程度、首が自由に振れる構造の為、傾きによってはバランスが悪くなり倒れてしまう。
不注意で機材を壊してしまっては元も子もないので、少し工夫をしてみる。
ゴムパッキンを取付ネジの周りに付け、首が動かないようにしてみた。
どうやら私の使うDMC-LX100ではバランス的に問題なく、設定に集中できるようだ。
試していないが、これ以上、大きなカメラではトップヘビーになってしまうような気がする。
さて準備は整ったようなので、PID設定を追い込んで、自分仕様にしてみたい。

Smallest Tripod For Pilotfly H1
May 30th, 2015
Joby Micro800 default bad balance
I attach a rubber ring outward
Good balance for small cam(DMC-LX100)
Thank you for watching
Camera & Edit TIDEshigeru

PILOTFLY H1 1st Test Flight May 24th, 2015 BAYSIDE MARINA

ここ半年位、ずっとウォッチしていたソフトクリーム型ブラシレスジンバル。
徐々にGoproあたりが乗る機種は日本でも手に入るようになってきたが、ミラーレス一眼まで乗る物はそう多くない。
そんな中、今回は台湾のメーカーより個人輸入。
以前にも一台、中国のメーカーから輸入してみたが、そいつは大きくて重くて2、3回でイヤになってしまった。
設定で追い込んでもバランスが悪い品物だったので、解体して部品取りの運命に。
今回、もっと手軽にステディショットを撮れないものかと、意を決して買ってみることにした。
まずは大方のバランス調整をし、素のプログラム設定のまま使ってみた。
前のモデルのことがあるので、もっと暴れるかと思いきや、感触はかなり良い。
この機種なら軽いので苦手なステディ歩きもなんとかなりそう。
もう少し設定を追い込んで自分仕様にカスタマイズしてみたい。
これを使うと子供や動物を撮るのが楽しくなる。
子供は動き回って、ホームビデオではブレブレになってしまうものだが、安定した映像は良い思い出になると思う。
我が家の子供たちはもう大きくなってしまったので、今度は孫でも撮るか?
まだ先の話だが・・・

PILOTFLY H1 1st Test Flight
May 24th, 2015
BAYSIDE MARINA
Yokohama Kanagawa Japan
Camera: Panasonic DMC-LX100
Music: Akashic_Records_-_Feel_Good_Acoustic_Uku­lele.mp3
Thank you for watching
Camera & Edit TIDEshigeru

KUWATA CUP 2015 Southern Beach Chigasaki May 16th, 2015

KUWATA CUP 2015の動画編集を纏める。
参加選手が多く、カット編集に時間が掛かる。
選手全員を捉えきれていないが雰囲気だけは伝わるだろうか?

KUWATA CUP 2015
EBOSHI ROCK PADDLE RACE CONTEST
Southern Beach
Chigasaki Shonan Kanagawa Japan
May 16th, 2015
Thank you for watching
Camera & Edit TIDEshigeru