CKD_Live_Cam ReNew

我が家のライブカメラをリニューアルしました。
古いカメラで2年間運用してきましたが、画質に不満が出てきたので、2017年新年ということで新型へ更新しました。
ローカルの皆さんからのご要望に応え、高画質&コントロールできるものとなりました。
正直、メンテナンスの手間やコストはそれなりに掛かります。
また、有料化やバーナー広告などのお誘いを受けることもありますが、以前と同様に無料開放させていただこうと思います。

・ご注意!
ブラウザの種類によっては、カメラよりプラグインを要求されたり、映像自体が見れない事もございます。
無料のライブカメラですのでサポートは一切しておりません。
また、お一人で長時間カメラコントールを独占されますと他の方のご迷惑になります。
チェックは程々に、皆でシェアする精神でご覧ください。

2017/01/14リニューアルにあたり、以前のリンクではアクセスできなくなっています。
端末によって、ライブ映像へのアクセスの仕方が異なります。

下記のリンクよりアクセスしてください。

PCからアクセス
http://116.58.170.205:5000/

スマートフォン、タブレット端末からアクセス
http://116.58.170.205:5000/cam

携帯電話からアクセス
http://116.58.170.205:5000/mobile

CKD_Live_Cam ReNew

TIDEshigeru shoot Test Riders @ Kumazawaya August 29, 2015

揺れる梯子の上での撮影風景。
当日、急遽カメラ固定用のアタッチメントを自作。
手作り感、バリバリだけど役目は果たしたかな。
もう少し改良すれば、さらに使いやすくなりそうだ。
しかし、この位置の揺れは半端なくて、近くにあったスピーカーも倒れそうだった。
曲の合間に場所を移動してなんとか最後まで撮影する事が出来た。
海の家という撮影場所は音響や照明的にも難しいけど、地元の海でのライブなので心置きなく楽しめた。
テストライダース最高!

ブラザー藤井が撮ってくれた。
TIDEshigeru shoot Test Riders @ Kumazawaya August 29, 2015
11255596_1696836463861046_405408312_o

PILOTFLY H1 Lighting System

Daily & Yuka Wedding Partyを撮影してみてライティングの重要性を再認識。
ライトをカメラ上部近辺に固定するステーが無く、急遽、山ちゃんに照明さんとして手伝ってもらい、何とか最後まで撮影することができた。
イメージは掴めたので、家にあるパーツで組んでみた。
スライドステーと小型三脚のエレベーター部分を組み合わせる。
即席にしては、アングル的にも丁度良い感じだ。
照明側のステーがカメラの動きを邪魔せず、且つカメラも照明の照射角度の邪魔をしない。
多少、重たくなったが、それ程、気にならない。
これでワンマンオペレーションが可能となった。
最初から、この組み合わせで持っていけば良かったな。
次回、同様の撮影機会があれば、使ってみようと思う。

PILOTFLY H1 Lighting System
Jpeg

Smallest Tripod For Pilotfly H1 May 30th, 2015

デフォルトの設定でとりあえずテストしたPilotfly H1。
今後の撮影に備えて、少し設定をカスタマイズしてみたい。
その前に足元を固めなくてはいけないので、ミニ三脚を色々物色してみたが、どうもこれというものがない。
要は本体が安定して立って、テーブルの上でコンパクトに取回せるものが良い。
悩んだ挙句、Joby Micro800をチョイス。
大きさ的には、もっとも小さな部類に入るし、コンパクトに折りたためるので、撮影中でも付けたままで良いかも知れない。
只、重量オーバーな上、ある程度、首が自由に振れる構造の為、傾きによってはバランスが悪くなり倒れてしまう。
不注意で機材を壊してしまっては元も子もないので、少し工夫をしてみる。
ゴムパッキンを取付ネジの周りに付け、首が動かないようにしてみた。
どうやら私の使うDMC-LX100ではバランス的に問題なく、設定に集中できるようだ。
試していないが、これ以上、大きなカメラではトップヘビーになってしまうような気がする。
さて準備は整ったようなので、PID設定を追い込んで、自分仕様にしてみたい。

Smallest Tripod For Pilotfly H1
May 30th, 2015
Joby Micro800 default bad balance
I attach a rubber ring outward
Good balance for small cam(DMC-LX100)
Thank you for watching
Camera & Edit TIDEshigeru

Camalapse 4 & DIY Motorized Camera Slider Motion Time Lapse Test Bayside Marina February 15th, 2015

早速、自作の電動カメラスライダーのテストをしてみる。
移動速度は丁度良いのか?
ブレはないのか?
カメラの設定と合っているか?
使い勝手はどうなのか?
などなど、修正点を探す為のテストをしてみる。
ついでに先日買ったCamalapse 4も試す。
Camalapse 4とはキッチンタイマーを使った回転台でパンさせながらタイムラプス撮影する機材。
ゼンマイ仕掛けで60分で1回転するシンプルさ、小形軽量なので手軽に使える。
以前、イケアで買ったキッチンタイマーで同様の回転台を自作した事があるが、その時はGoProを載せてタイムラプスした。
このCamalapse 4はそれより少しパワーがあり、コンデジや小さなミラーレス位までなら回すことができるらしい。
徐々にモーションタイムラプス用の機材が揃ってきた。

Camalapse 4 & DIY Motorized Camera Slider
Motion Time Lapse Test
Yokohama Bayside Marina
February 15th, 2015
Thank You For Watching
Camera & Edit TIDEshigeru

DIY Motorized Camera Slider 1st Model February 15th, 2015

寒さ厳しき折、家に引きこもり工作に励む。
以前、自作したカメラスライダーを電動化してみる。
これからはタイムラプスもモーションの時代、移り行く景色を、カメラも同時に動かしながら記録しなければ面白くない。
固定で撮影し、単純なパン、チルト、ズームイン、ズームアウトはソフトウェア上で後処理が可能だが、スライドだけはどうしても再現できない。
動画クリエーターによるカメラスライダーの必要性は益々高まって来ているが、既製品はどれも高額で、電動ともなるとまるで手が出ない。
そんな中、マニアはスライダーを自作し、それを使い撮影し、素晴らしい作品をネット上に公開している。
そんな彼らの様々なタイプの自作電動スライダーをチェックさせて頂く。
中には製品化できそうな力作も多いが、大きくて重そうなものが多い。
ヒントのみ頂戴し、自分なりの解釈で制作に取り掛かる事とした。
目指すは「軽量コンパクトで機動力があり、リアルモーションもタイムラプスも両方対応出来るような電動カメラスライダー」とかなり欲張り。
動力源はタミヤ遊星ギアを採用、電源は単三電池2本、トルクもあり、安定している。
ギア比は1/100で40cmを約10分で移動、日中のタイムラプス撮影には丁度良いスピードに設定。
駆動はシャフトドライブ方式で、不安定な小型モーターから出来るだけ安定した力を取り出せるようにした。
ドライブシャフトにはプーリーと輪ゴムでエネルギーを伝える。
両端にはリミットスイッチを付けオートストップ、無人運転時の安全性も確保する。
ドライブシャフトのナットを解除すれば、手動によるリアルモーションにも対応し、元に戻すのもワンタッチとした。
方向の変更は電源の極性をスイッチで入れ替えて行う。
単三電池の1本をダミー電池に入れ替え減圧すれば、モーターの回転数が落ち、移動時間も遅くなり、夜景などのタイムラプスにも対応する。
遊星ギアのパワーはかなりのもので、斜めや垂直方向も、同じリズムで上まで登って行く。
コントローラーなどはなく、正転、逆転のみの単純なシステム。
難は少し音がうるさい事か。
このスライダーを使いモーションタイムラプスに挑戦しようと思う。

DIY Motorized Camera Slider 1st Model February 15th, 2015

Thank You For Watching
Camera & Edit TIDEshigeru

Sofa Reform

成人の日、自宅リビングのソファを張り替え。
10年以上が経ち、切れて汚れてきたのでDIY。
久しぶりのミシン裁縫、小学校の家庭科が今頃、生きる。
カラーは家内のリクエストでホワイトからペパーミントグリーンへ。
アクセントになって良いかな?

Sofa Reform
DSC08495

JOG

10年乗った原付バイクが朽ち果てた。
マフラーに穴が開き、爆音を轟かせ、至る所、サビだらけ、ガソリンタンクにも穴が開きかけていた。
後輪がパンク、前輪はスリックタイヤ状態、マフラーと両輪タイヤ交換の為、修理するにもお金が掛かる。
愛着があったバイクだが、フレームにかなりサビが回っていて、安全性に問題があったので車両入替を選んだ。
今度の愛車はヤマハ・ジョグ。
加速も良く、乗り心地もグー。
使いやすいようにあれやこれや、カスタマイズ。
まずはボードキャリアとテイルボックスを取付した。
まあ気休めだが、防錆のスプレーでもまめに吹き付けてメンテナンスしてあげることとしよう。

JOG
2014-11-14 13.00.19

CORRUGATED TUBE

CKD_Live_Camの配線もやり直し。
一部、Lanケーブルと電源コードが外部に露出していた。
特段、耐候性のあるコードを使っていなかった為、このまま放置すれば劣化が早いと判断し、コルゲートチューブで包んであげることにした。
他に、最近、気になるのはカメラの揺れ。
寒さが増し、南西からの強いオンショアが吹く日が多くなってきた。
具体的な対策は今のところ無し。
万一、風が強い日に、いきなりサービスが止まったら、壊れたと判断していただいても構わない。
爆弾低気圧の通過情報が事前に分かれば、電源を切り、一時的にカメラを退避させるかも知れない。
最近、ローカルの皆から「カメラ、見てるよ」と声を掛けられる。
出来る限りのメンテナンスをして情報を止めないようにしたいと思う。
只、私の知る限り、自然の驚異は人間の予測の遥か彼方にあるものだ。

CKD_LIVE_CAM
http://116.58.170.205:5000/CgiStart?page=Single&Language=1

CORRUGATED TUBE
2014-11-14 12.18.37