Keahi de Aboitiz

あまりコンディションが纏まり切らなかった感がある本日の波ですが、皆さん、どこでサーフしたのでしょうか?
残念ながら私は入水せずに終わりました。
こんな日はビデオでも見てイメージトレーニングしましょうか。
Kai Lenny同様独特の世界観のあるライディングが印象に残ります。

SUP Surfing Sessions Keahi de Aboitiz 2012

MEL SUP KILLER WAVE 7’6″ BUNPWING ULTRALITE

台風からのうねりがなかなか届かない湘南です。
これから徐々にサイズアップしてくるでしょう。
さて、BLOWUP TRADINGの平沼さんから、[MEL SUP KILLER WAVE 7’6″ BUNPWING ULTRALITE]の感想を聞かれたのでレビューしておきます。
約1ヶ月間乗りましたが、驚異的なポテンシャルを秘めたボードです。
まず驚くのはその軽さです。
我が家の体重計で量るとその重量わずか5.4kgです。
一概にスペックが違うので比較はできませんが、私のもう一枚のボード[MEL SUP KILLER WAVE BUNPWING 8’2″]の重さが6.9kgですので1.5kgも軽い事になります。
この軽さがあらゆる場面で取り回しのし易さに繋がっています。
波の上でのパフォーマンスはショートボードそのものです。
ドライブの効いたターンが可能ですし、トップでの返しも今までとは異次元ですね。
また、浜へのランチングや、ショアブレイクの上がり際などでも軽さを実感できる事でしょう。
フィンはteckflexをセットアップしました。
ボードの軽さを生かすフィンのようで、とても乗り味の良いフィンです。
今までは余りフィンにこだわってなかったのですが、やはりシャープなボードになればなるほど、違いが現れるようです。
7’6″という長さですが、たまにフラフラして意味無く倒れたり、オンショアに翻弄されることもありますが、とてもバランスが良く、今の自分には丁度良いように感じます。
トップライダーは、すでに7’前半のボードに乗っている事でしょう。
SUPもこれからはマニューバーや過激なアクションで勝負の時代になってきました。
この長さのボードをしっかり乗りこなさないと大会では上位に行けないと思います。
ある意味、自分に負荷をかけながらトレーニングする気持ちが大切ですね。
はっきり言って、ボードの性能を活かし切れず、まだまだ乗り込めていない感が強いのですが、週末の台風スウェルで、もっとテストを繰り返してみたいと思います。

驚異的な軽さ5.4kg ULTRALITE恐るべし

こちらは以前使っていたMEL SUP KILLER WAVE 8’2″ 6.9kg

ボードスペック
私は体重57kg身長172cmです

軽さの秘密

やっぱりハワイはいいわ
チャイナよさらば

ボードトップ
ノーズまでNeWaxで抜かり無し

ボードボトム
ラスタファマーブルでございます

残念、早速凹みました。
軽さと強度の両立は難しいのか?

フィンはteckflex
軽くターンが伸びる感じ・・・・